創業江戸天保三年。焼津の岩清

当社の原魚は全て国産。熟練の職人が丁寧に作った逸品ばかりです。焼津の岩清百八十余年の歴史で培った美味をご堪能下さい。

 

岩清の「しめ鯖」

第23回全国水産加工品総合品質審査会

(平成24年度)にて水産庁長官賞受賞

 

国内産の極上の平鯖のみを使用した究極のしめ鯖です。スライスしてお刺身で。酢漬けの根菜とともに「なます」として。酢飯と合わせて鯖寿司に。 


岩清の「いかの白づくり」

第27回全国水産加工品総合品質審査会

(平成28年度)にて全水加工連会長賞受賞

 

全国でも珍しい糀の塩辛。

日本近海産の極上のスルメイカを使用。

明治・大正・昭和生まれの女将が代々受け継いできた味自慢の逸品です。(10月~3月の季節商品)

 

 


岩清の「お魚セット」

〆鯖(1枚)・鯖糀漬(4切)・鯖醤油干(2枚)・さんま醤油干(2枚)・いわし醤油干(2枚)

 国産の厳選された原料を使用し、熟練の職人が丁寧につくった自慢の品ばかりです。定番の商品を詰め合わせました。 全て真空冷凍パックで、鮮度そのままです。

 

(スチロールボックスまたは保冷ダンボールにいれて冷凍でお届けします。ギフト対応致します。)

 


岩清の「鰹塩辛」

 

全国でも珍しい鰹の塩辛です。

明治元年より製造されている伝統の逸品。

原魚は焼津港産の上質な鰹の内臓を使用しています。岩清二代目の岩崎清兵衛が作り始めました(明治初年)。「岩清の塩辛で飲む灘の味」と食通で有名な行司である二十四代 式守伊之助が詠んだ究極の鰹塩辛です。

 


岩清の「いかの塩辛」

 

日本近海産の極上のスルメイカを使用。

丁寧に皮をむいたスルメイカは滑らかな舌触り。江戸天保三年創業。老舗の味をお楽しみください。

 


焼津 岩清について

株式会社岩清

創業江戸天保3年以来、常に古いものと新しいものとの融合を目指し製品開発を心がけてきました。

 

「美味しい・安心・安全」は食の原点。

当たり前としてより良い製品づくりに励んでおります。


岩清の塩鯖

岩清の主力商品である塩鯖は押し寿司の材料として主に関西方面へ出荷しております。

 

近海物の鯖のなかで、品質に厳しい京都・大阪の老舗で「一級品」と折り紙つきの商品が「伊豆近海物」と「沖石花海」で獲れる瀬付きの鯖です。

 

鮮魚の買い付けから、凍結、製造、保管、販売まですべて自社で一貫して行っています。


冷凍冷蔵倉庫部門

冷凍冷蔵倉庫業では凍結機能を含め小・中・大容量の設備を保有しております。

トレーサビリティの一端を担う冷凍冷蔵倉庫として、お客様指定のロット管理・当社独自のロット管理などシステム化してトレースデータベースを構築し、お客様の大切なお荷物をきめ細かく保管しております。

第三冷蔵庫では保税対応もしております。

 

魚類、野菜、果物など凍結・保冷のご用命は冷蔵庫部門にご相談下さい。



メディア情報

  • 2018年   5月 「静岡新聞」に岩清の企業としての新しい取り組みを紹介いただきました。
  • 2018年   4月 「水産経済新聞」に「サバビアン」シリーズが紹介されました。
  • 2018年   3月 「みなと新聞」に岩清の新しい洋風鯖ブランド「サバビアン」シリーズが紹介されました。
  • 2018年   2月    SBSテレビ「イブアイ」で「いかの白づくり」が紹介されました。
  • 2017年11月 「ゆほびか」(マキノ出版)2018年1月号別冊付録に掲載されました。
  • 2017年   3月 「水産経済新聞」掲載。「いかの白づくり」の記事が掲載されました。
  • 2016年12月    SBS・BS-TBSで「ふるさと紀行」でしめ鯖が紹介されました。
  • 2016年12月    SBS「静岡発そこ知り」でしめ鯖が紹介されました。
  • 2016年   1月    BS日テレ「厳選!2時間さんぽ道」で「いかの白づくり」が紹介されました。

岩清本社のご案内

岩清本社・店舗

営業時間 平日・土曜日 9:00~17:00

(定休日 日曜・祝日)

 

〒425-0022

静岡県焼津市本町5丁目14-9

TEL:054-629-2025

FAX:054-626-2601

メール: mailto:iwasei@h9.dion.ne.jp